2012年06月04日

コントレックスの飲み方

コントレックスの飲み方

人間は毎日約3リットルの水分補給が必要です。
その半分は食品から得ていますが、残りの1.5リットルは水を飲まなくては摂取することができません。
しかし毎日飲む飲み物には多くのカロリーが含まれており、7000kcalのカロリーが体重を1キロ増やします。
コーラなどは砂糖水と同じで350ml飲むと135kcalを摂取します。コーヒーはゼロカロリーですが砂糖とミルクを入れると1杯(200ml)で25kcalです。
これらの変わりにすべてコントレックスを飲むとどうなるでしょう?以下に一日の水分とカロリー摂取量を比較してみましょう。

■ 同じ1650mlの水分補給でもカロリー差は445kcal
■ 1ヶ月では13,350kcalの差で体重2キロ分です。
■ スポーツも大切ですがジョギング20分で172kcal、水泳(平泳ぎ)20分でも216kcalしか消費しません。
■ 生活に必要な水分とミネラルを補給しながらカロリーをカット。
それがContrexがスリミング・パートナーと言われる理由です。

CONTREX 1500ml×12本入

コントレックス飲み方
posted by contrex at 10:53| Comment(0) | コントレックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CONTREX 1500ml×12本入

いつまでもスリムで美しく。コントレックスの魅力の成分

カルシウムを多く含む代表的な食品群といえば、牛乳、チーズなどの乳製品。またマグネシウムはナッツ類などにも多く含まれています。しかしこれらは、カロリー摂取を気にする方には敬遠されがちなのでは。

そこでおすすめしたいのがコントレックス。コントレックスには、500ml中牛乳びん約1本分のカルシウムとアーモンド約10粒分のマグネシウムが含有されているうえに、カロリーはゼロ。スリミングのパートナーとして役立てることができます。


コントレックス/CONTREX/水/訳あり/水・ミネラルウォーター/2ケース購入で送料無料

硬水ならではの飲みごたえ

ミネラルウォーターはその硬度によって、「硬水」「中硬水」「軟水」の3つに大きく分かれます。硬度とは、水の中にカルシウムとマグネシウムがどれくらい含まれているかを数字で表したもの。

一般的に、硬度が100以下のものは「軟水」、 101から300までだと「中硬水」、そして301以上が「硬水」といわれています。こうした硬度によって、味にも違いが表れます。

コントレックスの硬度は1551と非常に高レベル。豊富な成分を感じながら、飲み応えのある味わいを、是非楽しんで。ゆっくりと噛むように飲みましょう。
posted by contrex at 10:49| Comment(0) | コントレックス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。